メンズ

お店やオフィスにAEDを設置しよう|価格や導入の方法を紹介

経理業務の負担を軽減

スマホ

クラウド会計で記帳自動化

インターネットの発達によって金融分野にも変革の波が押し寄せており、従来は金融機関が独占していた金融サービスにベンチャー企業も参入が可能になりました。時代の新しい機運に乗ってICT技術を応用した新しい金融サービスが次々と登場していますが、それらはフィンテックとして総称されます。フィンテックの中でも最も代表的な例は、店頭で携帯端末によるクレジットカード決済ができるモバイル決済です。インターネット上で流通する仮想通貨や、インターネットを通じて広く資金調達できるクラウドファンディングなどもフィンテックの一種として普及が進んでいます。そうしたフィンテックの中でもクラウド家計簿などのクラウド会計は、企業にとっても利用価値の高い金融サービスです。クラウド会計にはクレジットカードの利用明細や電子マネーの利用履歴といったデータを自動的に取り込む機能があり、これを企業の経理業務に活用すれば記帳作業が効率化されます。従来は経理担当社員が手作業で会計ソフト等に入力していた入出金データが自動的に入力されるのです。クラウド会計を利用すれば日常的な会計業務ばかりでなく、税務に関する業務も楽になります。このようなクラウド会計ソフトにも多くの種類があってそれぞれ機能は異なりますが、銀行の通帳データやクレジットカード明細のデータを自動的に取り込む点は共通しています。企業の取引で発生する出入金の大半をクレジットカードや電子マネーで処理し、クラウド会計を利用することにより記帳作業にほとんど手間がかからなくなるのです。個人事業主の場合はもちろん、中小企業でもクラウド会計を導入することで専任の経理担当社員が不要になります。従来の企業では日常的な会計業務や決算・法人税申告に伴う税務のために、経理を担当する社員が必要でした。人件費の節約にも大きく寄与するフィンテックは、今後さらなるサービス拡大が予測されています。